老人ホームに在中する看護師の仕事


看護師の仕事には、いろんなものがあります。 病院で働くことが多いようですが、最近では、クリニックやデイサービス、老人ホームなどで勤務する看護師も増えています。 特に老人ホームでの看護師の求人は多く、常に職業安定所や求人情報誌には沢山の求人が掲載されています。 老人ホームでのナースの仕事としては、入居者の健康管理が主となります。 もし、体調を崩していれば、その都度かかりつけの医師に報告する必要があり、点滴や注射などの指示があれば、その通りに処置を行います。 また、入居者の服薬管理や入浴介助などを行ったり、介護士と同じ仕事をすることもあります。 しかし、老人ホームには、常に医師が在中していることはないので、その場合には、ナースがずっと気をつけて入居者の変化に気を配らないといけないのです。 他にも、胃ろうや人工肛門の入居者の管理や介助も必要ですし、酸素マスクをつけている入居者もいますので、いろんな処置が必要となります。 そのため、ナースとして病院に長く勤めている人のほうが、いろんな変化に気をつけなければいけないので、老人ホーム勤務には向いているかもしれません。 ほとんどの場合は、ナースは一人から二人勤務ですので、責任は重いですし、中には休みの日でもポケットベルや携帯電話などですぐに連絡がつくようにしておく必要がある職場もあるようです。 仕事は大変ですが、給料はかなり良く、年収で500万以上ある場合もありますので、興味があるならチャレンジしてみてはいかがですか。